協会概要協会概要

ホーム協会概要 > 建築士事務所の業務内容

建築士事務所の業務内容

建築の計画や設計及び工事監理は、このように進められます。

※文中の「★」は基本的な業務、「☆」は特別な業務を表します。

基本的プロセス

基本的プロセス 設計前業務(企画)の詳細へ 基本設計業務の詳細へ 実施設計業務の詳細へ 工事契約業務の詳細へ 工事管理業務の詳細へ 工事完成後業務の詳細へ

※各項目をクリックすると詳細説明へジャンプします。

設計前業務(企画)

設計に先立ち、発注者の求めがある場合は、プロジェクトを事業として成功に導くための条件を検討し、基本設計のための設計条件の形に整理する仕事を行います。

ページのトップへ

基本設計業務

発注者から示された与条件に従って、建物の平面と空間の構成、各部の寸法・面積、備えるべき機能、主な使用材料や使用機器の種別、品質、予算とのバランスを考慮しながらそれらを統合して内外のデザインを立案します。

ページのトップへ

実施設計業務

基本設計によって決定した建築計画に基づき、デザインと技術の両面にわたり、細部の検討をさらに行います。この作業の成果は実施設計図書の形にまとめられ、発注者の承認を得た上で、工事の段階に入ります。

ページのトップへ

工事契約業務

実施設計が完了すると、工事に関する契約を整える段階に入ります。

ページのトップへ

工事監理業務

工事請負契約書が締結され、工事に着手した時点から監理業務が始まります。

ページのトップへ

工事完成後業務

工事完成引渡しによって監理業務は完了し、施設建設という局面での設計者の仕事は終わりますが、発注者が建物の使用を開始し、ライフサイクルを終わるまで専門家の立場からお手伝いをします。

ページのトップへ