協会概要協会概要

ホーム協会概要 > 地球環境・建築憲章について

地球環境・建築憲章について

地球環境・建築憲章

私たち建築関連5団体は、今日の地球環境問題と建築との係わりの認識に基づき、『地球環境・建築憲章』を制定し、持続可能な循環型社会の実現に向かって、提携して取り組むことを宣言します。

2000年6月1日

一般社団法人 日本建築学会
公益社団法人 日本建築士会連合会
一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会
公益社団法人 日本建築家協会
一般社団法人 建築業協会

20世紀、物質文明の発達と、日本をはじめ世界各地における急速な都市化は、人間を中心とした快適な生活の実現をもたらしました。その結果、地球規模においてのさまざまな問題が顕在化してきました。地球温暖化をはじめ、生態系の破壊、資源の濫用、廃棄物の累積等によって、あらゆる生命を支える地球環境全体が脅かされています。そして、建築活動がこのことに深く関わっていることも明確となっています。

いま私たちは、地球環境の保全と人間の健康と安全をはかり、持続可能な社会を実現していくことを緊急の課題と認識しています。建築はそれ自体完結したものとしてでなく、地域の、さらには地球規模の環境との関係においてとらえなければなりません。私たちは21世紀の目標として、建築に係わる全ての人々とともに、次のような建築の創造に取り組みます。

  1. 建築は世代を超えて使い続けられる価値ある社会資産となるように、企画・計画・設計・運用・維持される。(長寿命)
  2. 建築は自然環境と調和し、多様な生物との共存をはかりながら、良好な社会環境の構成要素として形成される。(自然共生)
  3. 建築の生涯のエネルギー消費は最小限に留められ、自然エネルギーや未利用エネルギーは最大限に活用される。(省エネルギー)
  4. 建築は可能な限り環境負荷の小さい、また再利用・再生が可能な資源・材料に基づいて構成され、建築の生涯の資源消費は最小限に留められる。(省資源・循環)
  5. 建築は多様な地域の風土・歴史を尊重しつつ新しい文化として創造され、良好な生育環境として次世代に継承される。(継承)

ページのトップへ